えんまる病児保育日誌(2)

 

 

久々の更新になってしまい申し訳ありません。

先月4月の病児保育のご依頼は、

4月から職場復帰、また新しくお仕事を

始められたお母さんからのご依頼が多かったです。

お子さんたちも初めての集団生活。

慣れない環境でリズムが崩れ体調もこわしてしまいますよね…

 

それでは、先日行ってきました病児保育。

今回は、初対面のえんまるスタッフを笑顔で迎えてくれたKくん。

軽度の自閉症の5歳の男の子です。

 

症状は鼻水と咳。

熱はなかったので比較的元気で

遊びたいおもちゃを持ってきて紹介してくれました。

 

プラレールの線路をつなげて新幹線の連結。

鉄橋で高さを作ってすべりおりる「はやぶさ」に大喜びのKくん。

男の子ならではの遊びの他にもアンパンマンのアイスクリーム屋さんになって

アイスクリームをくれたりとごっこ遊びも楽しんでいましたよ。

ひとつの遊びが終わるとちゃんとお片づけをしてから次の遊びをする

しっかりもののKくん!凄いね!!

 

とは言ってもやはり鼻が詰まり、鼻で息が出来ずに苦しい…

鼻水も喉にいってしまい、咳も出るので、静の遊びで午後を過ごしました。

 

おばあちゃんと帰りの引き継ぎをする際には、

「先生かえるの?また遊びたい!」と言ってくれたKくん。

お預かりしたお子さんにそう言ってもらうのが何よりも嬉しいです!

 

Kくん、おだいじにね。早くよくなりますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント