えんまる病児保育日誌(20)

 

 

前日に保育園から38.8度の熱があると連絡があった三歳、Fちゃん。今日も熱が下がらず8:00〜15:00のご依頼です。

 

12月のご依頼から3か月ぶり。朝、おうちの中におじゃますると保育士のことを覚えていてくれて「せんせ〜」と駆け寄ってくれたFちゃん。うれしいな〜!!

お母さんと引きつぎをし、リカちゃんのアイス屋さんに変身!上手に並べてお皿に盛ってくれて「2千円です」とお店屋さんいなってくれました。机の上にアイスを並べると1列にまーっすぐにきれいに、1、2、3…25、26…数もバッチリ教えられてすごーい!

咳とはな水が増えてきて、お熱を計ってみると37.9度。Fちゃん自ら布団にゴロン…としたものの「やっぱりおきます〜」と体力は余っていて、座りながらアンパンマンブロックで遊ぶことにしました。ブロックの入れ物の中に入っていた大きいビー玉に興味を持ち、ブロックの中にビー玉を入れ始めたFちゃん。どうすればブロックの中に隠せるのか真剣…何パターンかの組み合わせを作る3歳さん、本当にすごいです!

 

 

お昼寝より少し早くに「おひるにしようか」とFちゃん。おなかすいたよね。自分で手を洗って、お母さんが作ってくれたお弁当とおにぎりを机に用意。「いただきまーす」大好きなお母さんが作ってくれたお弁当をあける瞬間の笑顔♡私まで幸せになります。大きなお口でおかずをパクパク、おにぎりをモグモグ、あっという間に完食でした。「おかあさん、きっとよろこぶよね」と何回も言っていたFちゃんでした。

 

 

午後はFちゃんの大好きなマグブロックでお弁当を作りました。お母さんのお弁当がすごくおいしかったので、今度はFちゃんお母さんがブロックで再現。おかずは折り紙を丸めたり、ちぎったりして作っていましたよ。

そして、保育士のひざの上に座ったり、「だっこしてー」と抱きついてきてくれ「ギュー」体温を感じるこの瞬間は毎回うれしくて、たまりません!

 

 

お片付けをしているとお父さんが帰ってきました。「おとーさーん」と玄関まで走って迎えにいったFちゃん。お父さんもうれしそうでしたよ。

Fちゃんは、遊びのなかでうまくいかないことがあると、どうすれば解決できるのか。何度も何度もやり直し、解決方法をみつけることができていました。保育士の指示を待ったり、分からなことはすぐ聞くのではなく、「自分で考える力」が大切だなとFちゃんと過ごし、改めて強く感じました。

Fちゃん、お大事にね。

 

 

 

 

 

えんまる病児保育日誌(19)

 

前日に39度の発熱があった3歳のTちゃん 7:30〜17:00の受信代行有のご依頼です。

 

訪問時は37度後半で、元気そうでした。少し恥ずかしそうに「おはよう」とごあいさつしてくれました。引継ぎが終わると、お母さんがお医者さんセットのおもちゃを持ってきてくれました。「特別」だということで、Tちゃんがお家にいる間、楽しく過ごせるようにお母さんも考えてくれていたのです。

 

 

お母さんが出勤するとTちゃんは小さなお医者さんに変身です。ぬいぐるみや保育士の体温を計ったり、注射をしたり、お薬までだしてくれましたよ。

さぁ、いざTちゃんの受信の時間になりましたが、本物のお医者さんは少し苦手でしたが、泣きながらもがんばりました。最後は自分から先生に「バイバイ」と手を振ってご挨拶ができました。

自宅に戻り、すぐにお薬を飲みました。お水にお薬を溶かし、スポイトを使って3回、お口に入れました。がんばって、ごっくん、できたね!

今度はTちゃんはエプロンを着て、かわいいお母さんに変身!

 

 

お鍋におままごとのお野菜や折り紙で作った材料を入れてお料理していました。Tちゃんがご飯を食べる時間です。お野菜もパンもたくさん食べました。

お腹がいっぱいになると眠くなり自分でお布団にごろん。一時間寝て、目が覚めるとすぐに「ブロック!」と遊び始めました。同じ色や形の物を集めて、プレートにたくさんはめていました。午後のお薬も上手に飲むことができ、お母さんが帰るまで、たくさん遊んですごしました。

 

 

お母さんが用意をしてくれたお医者さんセットのおかげで楽しく過ごせたTちゃんでした。

明日は保育園に行けるといいね。

 

 

 

 

スタッフ 外谷