えんまる病児保育日誌(24-2)

3日目 土日をはさみ、だいぶ元気になったMくんを今日はお母さんが受診に連れて行っている間、元気なKくんとRちゃんをお預かりしました。

Mくんが心配…そんな気持ちをギューっと保育士に抱き着くことで教えてくれたRちゃん。弟Kくんは、Rちゃんを元気にしようとぬいぐるみをいっぱい持ってきてくれ、おみせやさんごっこに!「いらっしゃいませ〜」「なにがいいですか〜」可愛い店員さんとお買い物をしていると、Mくんとお母さんが帰ってきました。

短い時間でしたが、今日は楽しいお預かりでした!

 

 

4日目 お母さんと朝の引継ぎ。とてもよい便が出たとのこと。ゆっくり遊べるかなと思っていると「見て!ブロック!」を持って見せてくれました。Mくんと弟Kくんが、ボール遊びをしたりゲームをしている中、ずっと様子をうかがっているRちゃん。色んな思いがあるのかな?Mくんと遊びたい思いをずっと我慢していたんだね。

 

新聞紙を出してみると紙ふうせんや剣づくりへ発展。

弟Kくんが「できない…」と言うと、MくんとRちゃんが手伝ったり励ましたりKくんを一緒に励ましてる姿に感動しました。

いっぱい遊んでおなかがすいたね。少し早めのお昼にしました。ペロリと食べたMくん。ごはん食べられるようになって良かった!

 

 

 

Rちゃん、Mくんのお誕生日が近かったので、絵本の中からお祝いごっこができたらという思いから「今日は何の日?」の絵本を読みました。するとRちゃん「お母さんあさってお誕生日だよ!」「サプライズだ!プレゼントを作ろう!」と大興奮。二人で協力し合い、ステキなおてがみが完成しました。

そして…お母さんが帰宅し、サプライズプレゼント作戦大成功!

 

 

がんばった子どもたちの姿、お母さん、兄弟同士を思い合う姿に幸せな気持ちをもらいました。

Mくん、早く元気になってね。