えんまる病児保育日誌(14)

 

前日の夜と依頼当日の朝に嘔吐した1歳のKくん。受診代行有りの2日連続のご依頼です。

 

 

朝お母さんと引継ぎをしている時からお母さんにくっついて不安そうなKくん。お母さんと離れるときはもちろん大泣きでした。。少しの間抱っこをしていると落ち着き、ミニカーで遊び始めました。

受診予約の時間になったので車に乗り病院へ。診察中は泣きながらも大きくお口を開けて頑張りました!!

 

 

帰る途中の車の中で、うとうとしていましたが、お家に着いたときには、おめめパッチリ。好きな絵本を持ってきてくれて一緒に読みました。絵本に出てくるだるまさんと同じポーズをするKくん。とてもかわいらしかったです。その後は「おいも」に変身してゴロゴロしたり、保育士のおなかの上に乗ったりして、仲良く遊んでいたころに、お母さんが帰ってきました。お母さんに、Kくんの一日の様子を報告して1日目の病児保育となりました。

 

 

 

2日目は、前日より元気なKくん。嘔吐もしなくなり、食欲も戻ってきたということで、お母さんのご希望もあり、様子を見て近くの室内にキッズスペースがある施設に行って遊ぶことにしました。

お母さんと引継ぎ、一遊びした後、検温をして、平熱を確認してからベビーカーに乗って出かけました。室内のキッズスペースで遊具で遊んだり、絵本を見たり、30分ぐらい過ごしました。帰る前にボーロとお茶でおやつタイム。

 

 

お家に帰ってからのお気に入りはロケットに変身して、ジャンプをすること。かわいい笑顔をたくさん見せてくれましたよ!

お昼ごはんは大好きなうどんでした。ちゅるんと口に入るたびにニッコリ。あっという間に完食でした!

お腹もいっぱいになり、お母さんが帰ってくるまでぐっすりと寝ることができました。

明日は保育園に行けるといいね。

 

保育スタッフ 外谷

 

 

 

えんまる病児保育日誌(13)

 

前日に37.7℃の発熱のため、保育園からお迎えの依頼があり、様子を見るということで保育園をお休みした2歳のAちゃん。7:30〜15:00のご依頼です。

 

 

お家にうかがうと、笑顔で迎えてくれました。前日の夜には熱が下がっていて、体調は良さそうでした。

「行ってらっしゃい!」とお母さんとお姉ちゃんを元気に見送ると朝食のパンを食べ、お着替えを自分で済ますと、遊ぶ準備はOKです。メルちゃんのお人形を持ってきて、小さなお母さんに変身!ごはんを食べさせたり、オムツ交換をしたり、メルちゃんの服のお洗濯までしていました。うさぎさんやリカちゃんのお人形でも遊び、リカちゃんの髪の毛をAちゃんと同じように結ぶと「いっしょだー!」とうれしそうでしたよ。

 

 

おやつの前に検温をすると36.9℃。熱は上がっていませんでした。

バナナもペロリと食べました。

食べ終わると、アクセサリーのおもちゃをたくさんつけて、おしゃれタイムです。女の子ですね。そのまま絵本を見たり、ビーズで遊び、お昼の時間になりました。

お母さんがつくってくれたお弁当を見て「やったー!」と喜んでいたAちゃんが、突然、「お母さんは?」と泣き出してしまいました。(少ししか食べていない状況でした)抱っこをして「お母さん帰ってくるよ」となだめていると、そのまま寝てしまいました。約1時間後、ご機嫌よく目覚め、「お茶のみたい」と言い、お茶を飲み、本日2回目の検温も36.9℃。良かった!

そして、お母さんが帰ってくるまでパズルなどをしました。根気よく、最後までがんばっていましたよ。

 

 

今回はとっても女の子らしいAちゃんの病児保育でした。「オーロラ姫になりたい」と教えてくれたとおり、プリンセスのようにかわいらしく、元気なAちゃんに私がパワーをもらいました。

お熱が下がってよかったね。保育園でもたくさん遊んでね!

 

 

 

 

えんまる保育スタッフ 外谷